フィンジアは化粧品でも効果が期待できるの?

 

次世代のスカルプ成分であるキャピキシル配合やヘアケア業界で注目されている新成分ピディオキシジル配合など話題の成分配合のフィンジア

 

 

多くの注目成分配合のフィンジアですが、実は化粧品に分類されていることをご存じでしょうか?

 

そう!フィンジアは化粧品に分類されます。

 

そのせいもあって、口コミでは、

 

  • フィンジアなんか怪しい・・・
  • 本当に効くのかな?
  • 生えないんじゃないの?

 

などの悪い声もあります。

 

ですが、化粧品だから効果がないとかそういうことではありません。

 

その理由についてここでは記載していきたいと思います。^^

 

「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の違いについて

 

 

まずは、ここでは簡単に、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」にはどんな違いがあるのかについて説明していきますね^^

 

一般的なスキンケア用品は薬事法により上記3分類に分類されます。

 

 

 

@まず、「医薬品」は病気の治療を目的をした薬になっています。

 

配合されている有効成分の効果が厚生労働省より認められたもののことをいいます。

 

ほとんどのものが医師が処方するものになっています。

 

A次に「医薬部外品」は治療ではなく防止や衛生を目的として作られています。

 

厚生労働省が認可した有効成分が一定の濃度で配合されている商品のことをいいます。

 

B最後に「化粧品」は、医薬部外品と比較しても効果や効能が緩和で、

 

清潔にする、美化する、魅力を増す、健やかに保つなどの目的で作られたもののことをいいます。

 

 

 

↑つまり、フィンジアは化粧品なので、厳しいですが、

 

厚生労働省からまだ成分に対しての効果を認められてないと言えますね。

 

これは厳しいですが真実になります。

 

ですが、厚生労働省から成分の認可が通るには何年もかかるのが現状です。

 

つまり、フィンジアの成分、キャピキシルやピディオキシジルについてはまだ最近効果が期待できると有名になってきたのでまだ厚生労働省の許可が下りるところまで進んでないだけなんですよ。

 

あと何年かしたら変わってくると思います^^

 

化粧品でも育毛効果については臨床試験の結果から期待されています

 

フィンジアの販売会社ユーピーエスではきちんと育毛効果を臨床試験の結果から報告しています。

 

●臨床試験内容

 

被験者は20歳〜39歳の薄毛が気になっている方を対象として、フィンジアを朝晩2回ずつ毎日使用して頂きました。

 

その結果

 

 

毛穴本数変化率が35.4%アップ
毛髪密度変化率が11.8%アップ
毛経変化率が5.8%アップ
血圧変動は変化なし

 

上記写真のようにスゴイ良い結果が出たんですよ^^

 

これに関しては口コミなどでも良い声が多いことで証明されていると思います。

 

●口コミに関してはこちらの記事を参考にしてください。
フィンジアの口コミについて

 

化粧品のメリット

 

 

実は化粧品にもメリットがあります。

 

それは副作用の可能性が極めて低いということです。

 

よく医薬部外品の育毛剤をつかったら、

 

  • かぶれ
  • かゆみ
  • めまいや頭痛

 

といった副作用もいくつも報告されています。

 

やっぱり効果が期待できる分、副作用など合わない方も多くいるのが事実です。

 

その点フィンジアは化粧品に分類されるので穏やかな効果が期待できます。^^

 

でも、逆を言えば継続がどうしても必要というデメリットもありますが::

 

 

 

↑以上のことから、フィンジアは化粧品であるため効果が期待できないと思わないでくださいね。

 

口コミからも多くの感謝の声を頂いておりますし、なによりここまで人気がでたのもフィンジアに効果が期待できたからだと思います。

 

継続はどうしても必要になりますが、副作用を抑えた新しい商品だと思いますよ^^

 

関連記事はこちらから

 

フィンジアの取扱店はあるの?|どこで買えるの??

 

フィンジアで副作用!?|成分から見た誰も教えてくれない事

 

フィンジアが怪しい!?|本当に育毛剤として効果あるのか?

 

フィンジアとミノキシジルの併用|両方使ったら効果倍増!?