フィンジアの副作用について

 

話題の新成分キャピキシル配合のフィンジア

 

 

製品の分類としては化粧品の分類に位置し副作用の可能性が少ないと言われていますが、本当にそうなんでしょうか?

 

↑正直、「ちょっと本当なの?」と思いますよね^^

 

なので、ここではそんなフィンジアの副作用について成分からまとめましたので、参考にしてくださいね。

 

フィンジアを使ってみてあとから、「こんな副作用があったんだ。。。」なんて思わないようにしましょう。

 

●化粧品とは?●

 

薬事法によりスキンケア用品は「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」に分類されています。

 

その中で化粧品は、医薬部外品より効能や効果が緩和しています。

 

なので、副作用の可能性は極めて低くなっていまして、

 

清潔にする、美化する、魅力を増す、健やかに保つなどの用途で使われる製品になります。

 

 

 

成分から見た副作用の可能性

 

 

ここではフィンジアの三大成分である

 

  1. キャピキシル
  2. ピディオキシジル
  3. カプサイシン

 

↑これらの成分についての副作用を見ていきましょう。

 

1:キャピキシル

 

 

フィンジアにはキャピキシルが5%も含まれています。

 

このキャピキシルはアカツメクサの花の抽出液と、4つのアミノ酸で構成されているアセチルテトラペプチド-3による2つの原料により構成され、さらに細かく説明すると、アカツメクサの花の抽出液は、ビオカニンAと言われているイソフラボンの一種を豊富に含んでいます。

 

これにより、AGA(男性型脱毛症)の原因となる物質のDHT(ジヒドロテストステロン)の生成する酵素の働きを抑制する期待ができるんですね。

 

(DHT(ジヒドロテストステロン)とはテストステロンに5αリダクターゼという酵素が結びついたものです)

 

そして、安全性や副作用については、主成分であるイソフラボンもアミノ酸も双方が天然の成分になりますので、副作用の心配は低いでしょう。

 

また、キャピキシルの開発元であるルーカスマイヤー(Lucas Meyer Cosmetics)も副作用の心配は極めて低いと言っていますので、安心してくださいね^^

 

↓同時にルーカスマイヤーの臨床実験ではミノキシジルの3倍の効果があると発表されています。

 

 

副作用も少なくして効果も上げるなんてすごいですよね^^

 

2:ピディオキシジル

 

 

次にピディオキシジルについてですが、こちらはAGAの治療薬として有名なミノキシジルの誘導体です。
(誘導体とは対象の成分を改良したもののことをいいます)

 

↓似ているといいましたので、分子で見てみても似ていますね^^

 

 

通常、ミノキシジル自体は

 

  • 動悸
  • 倦怠感
  • 頭皮の痒み
  • フケ
  • 低血圧
  • 体毛の増加

 

↑上記副作用を起こす可能性がある成分ですが、このピディオキシジルはその副作用の可能性を取り除いて改良したものになります。

 

なので、副作用の心配は極めて低いです。

 

効果についてもミノキシジルの効果を受け継いで、発毛効果やヘアサイクルを整えてくれる期待ができますので、安心ですね^^

 

3:カプサイシン

 

 

最後にカプサイシンについてです。

 

フィンジアは唐辛子の成分でお馴染みのカプサイシンを配合することによって毛穴を拡張させしっかりとフィンジアの有効成分を届ける期待ができます。

 

どんな育毛剤でも、毛穴に成分を届けないと意味ないですもんね。

 

しかし、このカプサイシンですが、刺激が強いために肌の弱い方は炎症を起こす場合がありますので、注意が必要です。

 

唯一、3つの三大成分の中で、副作用の可能性が高いのがこのカプサイシンになります。

 

なので、肌が弱いと思う方は、しっかりとパッチテストを行ってから使いましょうね。

 

 

 

 

 

●パッチテストとは?●

 

パッチテストとはアレルギーの有無を確認するテストのことをいいます。

 

腕などのテストしてみてから、問題がないか確認してから使いましょうね。

 

その他の成分からの副作用は?

 

↓フィンジアの全成分は下記になります。

 

エタノール、水、BG、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド(ピディオキシジル)、アセチルテトラペプチド3(キャピキシル)、アカツメクサ花エキス(キャピキシル)、パンテノール、センブリエキス、ビワ葉エキス、褐藻エキス、グリチルリチン酸2k、トウガラシ果実エキス、ボタンエキス、フユボダイジュ花エキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、ヒオウギエキス、キハダ樹皮エキス、メントール、グリセリン、クエン酸Na、クエン酸、デキストラン、PEG40-水添ヒマシ油、ラウラミンオキシド、フェノキシエタノール

 

↓その中でも、これらは天然成分になりますので、副作用の可能性は低いです。

 

  • パンテノール
  • センブリエキス
  • ビワ葉エキス
  • 褐藻エキス
  • グリチルリチン酸2K
  • ボタンエキス
  • フユボダイジュ花エキス
  • ヒキオコシ葉/茎エキス
  • ヒオウギエキス
  • ハダ樹皮エキス

 

唯一この中で副作用の可能性がある成分はエタノールになります。

 

エタノールもカプサイシン同様に刺激のある成分になりますし、体質によっては炎症を起こしてしまう方もいます。

 

多く育毛剤にはエタノールは含まれていますので、仕方ない成分ではあります。

 

副作用はゼロではない

 

 

流石の副作用が少ないと謳われているフィンジアも、副作用がゼロということはまず考えられません。
(他の育毛剤に比べては明らかにすくないのは事実です)

 

その可能性である副作用についてまとめてみましたので、チェックしてみてくださいね^^

 

1:初期脱毛

 

 

フィンジアは薄毛の原因であるヘアサイクルを整えてくれる期待ができます。

 

そして、その過程で起きる可能性があるのがこの初期脱毛です。

 

初期脱毛はヘアサイクルが正常のサイクルに戻ろうとするときに、髪の毛が抜けてしまうことのことをいいます。(平均治療1ヵ月〜1ヵ月半の期間)

 

これは、AGA治療を行ったかたすべてに起きることではなく、起きる可能性があるということなので、何も変化がない方もいます。

 

傾向としては、不健康な髪の毛が多い方ほど、初期脱毛になる場合があるので、注意しましょうね^^

 

2:痒み(かゆみ)・湿疹

 

2つ目に痒み(かゆみ)・湿疹です。

 

これもフィンジアの成分であるカプサイシンが関係しています。

 

カプサイシンの刺激によって頭皮に痒みや湿疹が出来る可能性があります。

 

口コミなどでもこういった症状の方もいるぐらいですからね。

 

原因はフィンジアによって頭皮の血流がよくなること生じる可能性があるということなので、、いい意味で考えればフィンジアの成分がしっかりと頭皮に浸透している証でもありますね^^

 

ですが、こういった症状が出た場合は速やかにフィンジアを中断して様子をみてくださいね^^

 

3:炎症や頭皮の腫れ

 

3つめに炎症や頭皮の腫れです。

 

これは先ほど説明しましたが、再度まどめますね。

 

炎症や頭皮の腫れはフィンジアの成分のアルコールが原因になります。

 

これも個人差があるので、一概に言えませんが、とくにお酒の弱い方は注意が必要です。

 

また、敏感肌の方や頭皮に湿疹やかぶれがすでにある方は、アルコールがしみて炎症を起こす場合もあります。

 

まずは、パッチテストをしてから安全かどうかわかってから使用するのと、炎症や頭皮の腫れなどの症状がでたら、使用を中止してください。

 

ED(勃起不全)になる可能性はあるの?

 

 

フィンジアは化粧品なのでそういった心配は少ないと思いますが、医薬部外品の育毛剤の中には

 

  • 勃起不全(ED)
  • 性欲減退
  • 肝機能障害
  • 精子減少
  • うつ

 

といった症状がでる方もいます。

 

ですが、フィンジアはこれらの原因になる成分はまったく含まれていないので安心してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

フィンジアと使って副作用が起きる確率が高い方とは?

 

 

やはり万人に副作用が起きないわけではありません。

 

なので、ここではフィンジアで副作用が起きそうな確率が高い方についてまとめました。

 

1:アルコールのアレルギーがある方

 

アルコールについて弱い方と強い方がいます。

 

育毛成分としては溶媒として利用されるので、フィンジアにも欠かせない成分です。

 

ですので、アルコールのアレルギーがある方

 

  • 肌の乾燥からの痒み
  • 炎症

 

が起こる可能性があります。

 

2:植物由来の成分でアレルギーを起こしたことがある方

 

↓フィンジアの植物成分である下記成分についてアレルギーがあるかたは副作用の可能性があるので注意。

 

  • アカツメクサ花エキス
  • トウガラシ果実エキス
  • ヒオウギエキス
  • ヒキオコシ葉/茎エキス
  • ビワ葉エキス
  • フユボダイジュ花エキス
  • ボタンエキス
  • 褐藻エキス

 

いきなり成分だけ羅列しても分からないと思いますので、まずはパッチテストがとても重要です。

 

3:頭皮に湿疹やかぶれなどの異常がある方

 

3つめにもともと頭皮に湿疹やかぶれがある方は治ってから使用しましょう。

 

フィンジアには刺激成分が含まれていますので、かえって悪化してしまう恐れがあります。

 

優しくシャンプーなどをして直してくださいね^^

 

4:フィンジアを大量にスプレーする方

 

最後にこれは使用についてですが、薄毛を早く解消しようとして、決められた量より使うのも副作用の確率が増してしまいます。

 

肌に刺激を与えすぎてしまうので、朝晩の2回使用で1回5〜10プッシュを限度にしようしてくださいね^^

 

 

使ってみて副作用がでたら?

 

 

フィンジアは使ってみてもし合わなかった方のために、30日間の全額返金保証サービスがあります。

 

副作用の影響で使うことが困難になった場合は遠慮なく適用さしてくださいね。^^

 

●詳しくはこちらの記事で解説しています
フィンジアの解約方法|全額返金保証の11の注意点とは

 

 

 

 

 

 

 

●関連記事

 

フィンジアの口コミはステマ!?騙された辛口な悪評の真実とは

 

フィンジアで初期脱毛のトラブル!?継続したのに逆効果なのか?

 

⇒「フィンジアで毛が生えません・・・」そう、嘆いている方へ

 

フィンジアは円形脱毛症でも効果あるの?|衝撃の事実について