フィンジアは本当に毛が生えないのか?

 

 

今やスカルプケア業界で人気のフィンジアですが、一部の方からは

 

  • フィンジアでは毛は生えない
  • 他の商品を使った方がいいよ

 

などの評価があるのも事実です。

 

どんな商品でも消費者によって、良い・悪いがあるのは当然ですもんね^^

 

なので、今回はフィンジアが生えないと言っている方はどうしてそう言っているのかについて調べてみました。

 

これからフィンジアを試そうとしている方や現時点で使っている方など参考になればいいと思います。^^

 

フィンジアには即効性はありません

 

 

まず、1番大事なことは、フィンジアに即効性はないということです。

 

これはどんなスカルプケア商品に言えることですが、やっぱり皆さん買ったらすぐに効果がでないと「生えないじゃん・・・」と悲観的になりがちです。

 

私自身もそうでした。そして、違う商品、違う商品を浮気していたんですね。::

 

それが悪循環だと気が付かずに当時は買い替えていたので、今思えば無駄なことをしたなと思います。笑

 

なので、もしあなたがフィンジアやその他スケルプケア商品をお使いでしたら、最低でも半年間は続けてみて継続するか?しないか?を検討してほしいです。

 

新たに毛を生み出すわけではない

 

そして、次にフィンジアに含まれている成分の

 

  • キャピキシル
  • ピディオキシジル

 

毛を新たに作るわけでわなく乱れたヘアサイクルを正常に戻して、昔にあったハリやコシ、髪の太さにする期待ができる成分です。

 

そのことを頭に入れていないと継続もできないですし、成分に対しての勘違いが生まれてしまいます。

 

注意してくださいね^^

 

医薬品・医薬部外品ではなく化粧品に分類している

 

一般的なスキンケア商品などは「薬事法(薬機法)」により、

 

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品

 

のいずれかに分類されています。簡単に説明しますと

 

医薬品

 

医薬品とは、厚生労働省から病気や治療・予防などで効果・効能が認められたお薬のことです。

 

医薬品のシャンプーやスカルプケア商品はほとんどないです。

 

医薬部外品

 

医薬部外品とは、医薬品に準ずるもの。

 

厚生労働省が許可した効果・効能に成分を一定の割合で配合して作っているもののことをいいます。

 

チャップアップなどの商品はここに該当します。

 

化粧品

 

厚生労働省の許可は不要で、各メーカーが責任をおい自由に開発した商品。

 

医薬品・医薬部外品と比べて効果・効能が緩和なものです。

 

一般的な化粧品やボディケア・ヘアケア用品などはすべてこの化粧品になります。

 

フィンジアもここの化粧品に該当します。

 

↑このようにフィンジアは化粧品になるので、医薬部外品のスカルプケア商品に比べて副作用も少なくゆっくりと浸透していくのが特徴です。^^

 

 

まとめ

 

 

↓フィンジアが生えないと言っている方の間違いについてまとめますね。

  1. フィンジアは継続することで効果が期待できる(半年前後)
  2.  

  3. フィンジアの成分キャピキシル・ピディオキシジルは、新しく毛を生やすのではなく、今ある短く細い毛のヘヘアサイクルを正常にして本来の太くコシのある毛にする期待があるということ。
  4.  

  5. 薬事法(薬機法)によりフィンジアは化粧品に分類されるので、副作用は少なく、ゆっくり効果が期待できる。

 

ということです。

 

理想の自分を抱いて、継続することが大切です。

 

頑張っていきましょうね^^

 

 

 

●関連記事